麻雀の点数、麻雀役一覧、麻雀無料ゲーム

麻雀のあがりかた

基本的には、頭(アタマ)1つと4面子(メンツ)で構成されます。
(例外として、七対子の様な特殊役もあります)

麻雀の役についてはこちら→


頭(アタマ)


同じ牌を2枚揃えたもののこと。この揃えた2枚のことを対子(トイツ)といいます。


面子(メンツ)

順子(シュンツ)、刻子(コーツ)、槓子(カンツ)のいずれかの事。


順子(シュンツ)→
  
連続する3枚の数牌の組み合わせ。

刻子(コーツ)→

同一牌3枚の組み合わせのこと。暗刻(アンコ)と明刻(ミンコ)の二種類があります。


暗刻(アンコ)→

鳴かずに面前で揃えた刻子(コーツ)のこと。

明刻(ミンコ)→

鳴いて作った刻子(コーツ)のこと。

槓子(カンツ)→
同一牌4枚の組み合わせのこと。暗槓(アンカン)と明槓(ミンカン)の二種類があります。

暗槓(アンカン)→

鳴かずに面前で揃えた槓子(カンツ)のこと。

明槓(ミンカン) →

鳴いて作った槓子(カンツ)のこと。


麻雀の役一覧 ⇒


麻雀の点数計算 ⇒

麻雀の待ちの形(テンパイの形)

待ちの形とは、聴牌(テンパイ)の形のことを指します。
待ちの形には、
  1. 両面(リャンメン)待ち
  2. 嵌張(カンチャン)待ち
  3. 辺張(ペンチャン)待ち
  4. 双(シャンポン・シャボ)待ち
  5. 単騎(タンキ)待ち
基本はこの五つになります。

両面(リャンメン)待ち

リャンメン待ちとは、連続した2枚の数牌の、上か下どちらかの牌で待つテンパイのことをいいます。

例:

嵌張(カンチャン)待ち

カンチャン待ちとは、カンター(間が1つとんでいる2枚の数牌)の間の牌を待つテンパイのことをいいます。

例:

辺張(ペンチャン)待ち

ペンチャン待ちとは、数牌の“1・2”を持っていて“3”を待つか“8・9”を持っていて“7”を待つテンパイのことをいいます。

例:

シャンポン・シャボ待ち

シャボ待ちとは、2組の対子(トイツ)の2種類の牌で待つテンパイのことをいいます。

例:


単騎(タンキ)待ち

単騎待ちとは、頭(アタマ)が未完成の状態で、アタマを待つテンパイのことをいいます。


麻雀の役一覧 ⇒


麻雀の点数計算 ⇒